お電話

WEB予約

アクセス

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科

通常の歯科治療よりもより見た目の改善を重視される患者様にお勧めするのが審美歯科治療です。 当院ではこんなご希望の患者様が来院されています。

審美歯科

来院される患者様のご希望

  • 1

    何年か前に詰めた銀歯を白くしたい

  • 2

    歯と歯ぐきの間の黒い部分をキレイにしたい

  • 3

    前歯の形や色、向きが気になる

  • 4

    全体的に歯を白くしたい

  • 5

    1本だけ色の違う歯が気になる

  • 6

    被せ物の材質の比較

  • 7

    被せ物の材質の比較

見た目の改善を重視する審美歯科では、「セラミック」による詰め物、被せ物が主流となっています。
保険適用の材質よりも天然の歯に近い色を出すことが可能です。

被せ物(クラウン)の種類

被せ物(クラウン)

被せ物(クラウン)は、神経の治療をした歯や大きな虫歯の場合に用います。

被せ物(クラウン)

オールセラミッククラウン

もっとも見た目が美しく、かつ強度もあるセラミックです。

メリット・天然歯と同等の質感、透明感です。
・経年劣化しにくく、ほとんど着色、変色しません。
・強度、耐久性に優れています。
・金属を使用しないので金属アレルギーの問題や歯ぐきが黒ずんだりしません。
デメリット・保険が効かない治療で、比較的高価となります。
・比較的歯を削る量が多くなります。

E-MAXクラウン

見た目が美しく、強度の高いセラミックです。

メリット・天然歯に近い質感、透明感です。
・経年劣化しにくく、着色、変色しにくいです。
・強度、耐久性に優れています。
・金属を使用しないので金属アレルギーの問題や歯ぐきが黒ずんだりしません。
デメリット・保険が効かない治療で、比較的高価となります。
・比較的歯を削る量が多くなります。

フルジルコニアクラウン

ジルコニアのみで作られた被せ物です。非常に強度が高く、主に奥歯に適応します。

メリット・白くキレイな見た目になります。
・強度が高く、壊れる心配が少ないです。
・経年劣化しにくく、着色、変色しにくいです。
・金属を使用しないので金属アレルギーの問題や歯ぐきが黒ずんだりしません。
デメリット・保険が効かない治療で、比較的高価となります。
・比較的歯を削る量が多くなります。
・硬いため、噛み合う歯を傷めることがあります。
・やや透明感に欠けます。

メタルセラミック

金属のフレーム(内部)にセラミックを焼き付けた被せ物です。

メリット・白くきれいな見た目になります。
・強度、耐久性に優れています。
・経年劣化しにくく、着色、変色しにくいです。
デメリット・内部に金属を使用しているので、やや透明感に欠けます。
・金属アレルギーの心配や歯茎が黒ずんでしまう可能性があります。
・保険が効かない治療で、比較的高価となります。

ファイバーポスト

神経の治療を行った場合、被せ物を入れる前に作る土台です。

メリット・金属の土台のようにセラミックの色調を損いません。
・光の透過性が高く、自然な仕上がりになります。
・金属アレルギーの心配がありません。
デメリット・比較的高価となります。

被せ物の料金表を見るbutton icon

詰め物(インレー)の種類

詰め物(インレー)

詰め物(インレー)は、部分的に削った場合、虫歯が小~中くらいの場合に用います。

詰め物(インレー)

セラミックインレー

もっとも見た目が美しく、かつ強度もあるセラミックです。

メリット・天然歯と同等の質感、透明感です。
・経年劣化しにくく、ほとんど着色、変色しません。
・強度、耐久性に優れています。
・金属を使用しないので金属アレルギーの問題や歯ぐきが黒ずんだりしません。
デメリット・保険が効かない治療で、比較的高価となります。
・比較的歯を削る量が多くなります。

ハイブリッドセラミックインレー

プラスチックとセラミックを混合した材料です。

メリット・きれいな見た目になります。
・金属を使用しないので金属アレルギーの問題や歯ぐきが黒ずんだりしません。
・セラミックインレーと比較してリーズナブルです。
デメリット・経年劣化し、変色、着色することがあります。
・噛み合わせの状態によっては使用できないことがあります。

詰め物の料金表を見るbutton icon